採用試験を受ける前に保育士として働くということとは何かを知る

保育士という仕事

子どもを見守り、育てる。それが、保育士の仕事です。さまざまな年齢の子どもたちとふれあい、子供たちの魅力を引き出すことができます。これから保育士として活躍していきたいという方は、保育士という職業の魅力やなる方法をまずは知っていきましょう。それから、求人情報をチェックすれば、自分が活躍できる場が見つけられます。

保育士の魅力とその仕事内容

男性

保育士という職業の魅力。

子どもたちを育て、その成長に関わることができるというのは、保育士共通のやりがいです。子どもたちの素直さ、向けてくる笑顔が、体力勝負の大変な仕事の中にも、喜びと癒やしを与えてくれます。また、子どもの保護者や地域の人達とつながることができるのも、保育士の魅力のひとつです。そして、保育士としての経験を自分や自分の身の回りの人達の子育てに活かしたり、保育士を経て地域活動や後進の教育に力を入れる人達もいます。

保育士として働くためには

保育士になるためには、資格が必要になります。保育士の資格を取得するためには、専門学校や大学などへ行き、必要な教育を受けるのです。そして、試験を受けて合格すれば資格を取得ができるようになっています。また、勘違いしやすいのが幼稚園教諭の免許と同じなのでは?ということ。実は、幼稚園教諭の免許と、保育士免許は別物です。保育士免許は幼稚園教諭の免許に比べて、取得しやすいのがメリットになっています。また、必ず認可している園でなければならないという決まりもないので、いろんな保育園で働けて、活躍の場を広げやすいでしょう。また、保育士の求人情報は、専門サイトから探せます。条件を絞ることもできるので、どんどん活用しましょう。雇用形態も様々ですよ。

保育士の仕事内容とは

保育士の仕事というと、「子どもと遊んでるだけ」と思う人もいるかもしれませんが、それは大きな間違い。子どもの排泄補助や、食事の指導、また子どもたちの危機管理なども、保育士の仕事です。では、保育士はどんなことをしているのか、一日にやるべきお仕事を見てみましょう。保育士を目指す方は、必見です。採用試験前に見ておけば、面接の時にでも自己アピールができますよ。職業研究していることがよく伝わるのです。

保育士の毎日のお仕事10

  • 園内の掃除・換気
  • 登園(登所)した子どもたちを迎える
  • 保育士間での事前確認・会議
  • 園児たちの世話(食事・昼寝・散歩)
  • 保護者へ園児の様子を伝える
  • 今日あったことを手帳などに記録
  • 延長保育
  • 明日の準備(飾りつけや紙芝居などの準備)

共通することが意外と多い保育士と家庭教師

より子どもたちの可能性を引き出せる保育士になるためには、さまざまなことにチャレンジして、たくさんの経験を積むことが必要です。保育士の中には、京都で学生時代に家庭教師のバイトをして、色んな生徒と根気強くつきあうことが、保育士の現場で活きたということもあります。感性の豊かな子どもたちを毎日相手にする職業ですので、「教える」という体験をすることも、一つの大きな経験ですね。子供を相手にするという面で共通する「保育士」と「家庭教師」では、どちらにも活かせる経験を得ることができるでしょう。

充実した保育士ライフを送るために

保育士

保育士の働き方

仕事をするときの決め手になるのは、仕事内容と職場環境、そして給与です。しかし、それだけでなく働き方にも注目しておきましょう。

READ MORE
保育園

保育士の求人の探し方

保育士の求人は、求人情報サイトでもよく見かけるので、珍しい職業でもありません。また、ブランクがあっても働きやすいので、求人サイトへ登録してみましょう。

READ MORE

[PR]

京都で念願の家庭教師バイト!
やりがいのある仕事でがつがつ稼ぐ。

広告募集中