保育士の働き方|子供好きなら保育士がベスト!採用試験前に保育士の魅力をチェック

保育士に採用されたら自分にあった働き方ができる

求められる保育士たち

これからますます女性が社会進出を求められていく中で、保育士は必要とされ続けるでしょう。保育士には、社会からの需要以外にも、実はメリットがいっぱいあるんです。それは、どんなものでしょうか。

保育士のメリット

就職に強い

現在、保育士は引く手あまたの状況なので、保育士の資格をもっていると就職に有利です。また、保育士免許は一生モノなので、一度現場を離れても、再び同じ職種の現場に戻りやすいです。女性であれば、出産や育児を終えた後、また職場復帰するということも比較的スムーズです。

人と親しくなりやすい

保育士は子どもと日々接する仕事なので、優しい人柄というイメージが強いです。そのため、人に親しまれやすく、好かれやすいというのがあります。子どもと根気強く接する習慣もつきますので、友人や恋人の理想としてあげられることもあります。

経験を活かすことができる

保育士の経験を子育てに、また逆に育児の経験を仕事にと、仕事とプライベートの経験を双方に活かすことができるのも、保育士のメリットです。経験をそのまま活かせるので、育児や家事との両立が、やりやすい職業ともいえるでしょう。

保育士の働き方

保育士

多様化する保育士の働き方

ライフスタイルの変化にともない、働き方や採用の方法も多様になっています。パートや派遣といった正社員以外の雇用では、自分の都合に合わせた時間帯に働く、という方法も出てきています。無理なく働けるのが、共働き世帯が多い現代には必要なのです。

パート保育士

週数日の短時間勤務からフルタイム勤務まで、自分の生活スタイルを変えずに働くことができるのが、パート保育士です。育児などに従事している人でも、働くことができるので、仕事をやめたくない、仕事を続けながら家庭のこともやりたいという人を中心に、増えています。

派遣保育士

派遣社員も、パート保育士と同様に勤務時間をある程度希望に応じてくれます。また、事務仕事なども正社員に比べてあまりありません。子どもたちと触れ合う時間を大切にしたい、またひとつの職場だけでなく、いろんな現場で働いてみたいという人は、派遣保育士がいいかもしれません。

広告募集中