保育士の求人の探し方|子供好きなら保育士がベスト!採用試験前に保育士の魅力をチェック

保育士求人はサイトなどを使って簡単でたくさん見つけられる

保育士の求人の探し方

保育園

保育士の求人は、さまざまな媒体に載っている

保育士の求人は、いたるところで目にすることができます。紙媒体であれば、新聞や求人誌にほぼ必ずといっていいほど掲載されていますし、職業紹介してくれる所に行けば、その地域で募集している場所を探すことも、教えてもらうこともできます。

登録制の求人サイトも増えている

最近増えているのが、保育士免許を持っている人へ向けた、登録制の求人サイト。フルタイムでの勤務が難しい、いろんな現場で経験を積んでみたいという人のために、パートや派遣という雇用形態で求人を出しているサイトもあります。ブランクがあっても、経験者なら募集している側もメリットがあるので、社会復帰も可能でしょう。気になったら、すぐに登録して問い合わせてみることです。

働く環境で違う、職場の特色

保育士の求人を探すときに知っていておきたいのが、公共と民間の違い。待遇や設備、またその園の経営方針なども、公共と民間では大きく違います。より働きやすい環境で仕事をしていくために、どちらが自分に合っているか、その違いを知っておくことは大切です。

どこが違う?公共と民間の保育園

公共の保育園

公務員として扱われるので、給与面や待遇面では安定していますが、公務員試験を受ける必要があります。また、転勤や人事異動があるでしょう。その他、国や地方自治体の機関なので、一定の水準を保つよう方針が定められており、園ごとの特色といったものは、あまりないです。

民間の保育園

私立のため、土日の勤務などもあるところが多く、待遇や給与などもさまざまです。経営が社会福祉法人や学校法人などの民間の経営なので、経営方針や教育方針などが場所によっても違ってきます。

広告募集中